ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

@ミルキークイーンと姫ごのみの栽培と品質管理

様々な取り組み、努力をしています。

A;お米の栽培、B;玄米食対応の高品質に調整、C;冷蔵庫保管、D;低温精米と発送日精米、E;2017年の農薬使用、F;農薬使用と安全 についてご紹介しています。

2018年の米つくり

A:稲が健康で丈夫に育ってくれることが一番大事なことです。

健康に育ってくれれば農薬に頼らなくとも美味しいお米が収穫できます。

種籾の消毒は60℃のお湯でおこなっています

種籾の消毒に使われる農薬は殺菌剤と殺虫剤があります。最近は温湯消毒の機械ができましたので農薬を使わない温湯消毒も増えています。

【あぜみちは】
機械ができるずっと前から温湯消毒をおこなってきました。

温湯消毒温湯消毒

苗箱1枚の播種量は少なくて一般のおよそ1/5です(過密になりませんから風通し、受光環境が良く病気にならないです)

苗箱を多く使うほど1箱あたりの種籾は少なくなりますから良い環境になっていきます。反対に苗箱を少なくするほど1箱に播種する種籾が多くなりますので過密な環境になり通気性、受光環境が悪くなり、軟弱徒長の生育で病気になりやすいです。

【一般的には】
育苗箱1箱(60cm×30cm)に150g〜200gの種籾を播種します。過密で通気性、受光環境は悪いです。
10a(1反)で3〜4kgの種籾を使います。
10a(1反)で育苗箱を20枚使うのが標準です。

【あぜみちは】
1箱(60cm×30cm)に30〜40gの播種量です。一般のおよそ1/5です。通気性、受光環境は非常に良いです。
10a(1反)で1kg以下の種籾です。一般的な量の1/4〜1/3です。
10a(1反)で育苗箱を24枚使います。

出芽は自然の天候任せです(殺菌剤は使わなくともカビ菌は発生しません)

【一般的には】
出芽作業は、播種した苗箱を積み重ねてビニールや断熱効果のある被覆剤で密閉して温度と湿度を保っておこなうことが多いです(出芽機など)。
または、
播種した苗箱を田んぼに並べて、保温・保湿できるシートでトンネル被覆またはベタ掛け被覆することも行われています。
これらは高温、高湿度、酸素不足の環境になります。菌が繁殖する環境と同じです。そのため殺菌剤が使われるわけです。

【あぜみちは】
播種した苗箱はすぐに田んぼに並べますが、被覆は通気性のある寒冷紗というネットです(私は自然出芽と名づけました)。
保温性も保湿性もありません。通気性抜群ですから酸素不足にもなりません。なので殺菌剤は使わなくとも菌は繁殖しませんし病気も出ません。
播種したときから晴れの日も、雨の日も、風の日も、寒い日も常に自然の環境で生育するわけです。

播種済みの苗箱をベッドに設置寒冷紗べた掛け
出芽前出芽

自然出芽という人間からみると過酷な環境ですが均一な生育です。稲にとっては最も自然な環境です。
自然出芽は均一な生育自然出芽は均一な生育

田植えするときのポット苗です。土付き苗で本葉が4.5〜5枚の成苗です。
自然環境のなかで育った苗は健康で丈夫な苗になります。過保護な管理は全くありません。
自然環境が育てた最強のポット苗です。
田植えしたその日に活着します。萎れるとかの植え困りはありません。

ポット苗

ポット田植え機の田植えのイメージ

美味しいお米づくりの第一歩は健康で丈夫な苗づくりです。

昔から「米づくりは土づくり、苗半作」と言われていましたね。

田植えの植え付け密度は1坪36株と少ないです(疎植栽培=1反に使う種籾は一般の1/4〜1/3と超少ないです)

1株本数や1坪(約畳2枚分)の植え付け株数が多いと稲が育ち茎数が増え、背丈が大きくなってくると葉が混み合い風通しが悪くなります(過密、繁茂)。日光も十分に当たらなくなります。そうすると稲の活力が落ち病気が発生しやすくなります。

【一般的には】
1株が2〜3本よりもはるかに多くて、1坪(約畳2枚分)に50〜60株の植え付けです。

【あぜみちは】 1株わずか2〜3本を1坪(約畳2枚分)に36株と少ない疎植栽培です(1穴が1株です)。
大きくなって茎数が増えても過密にならず扇形に開張するため受光は良好で風通しも良いです。

1穴が1株で2〜3本1坪36株の疎植受光良好

稲わらの早期鋤込み

コンバインが細断した稲わらを均一に散らしてからトラクタで耕運します。
均一に散らす作業は熊手という農具を使いますが人力です。結構きつい仕事です。
稲刈り後できるだけ早く耕運するようにしています。
私の地域では、ミルキークイーンの収穫は一般に栽培されている品種よりもおよそ1ヶ月ほど早いので周りの田んぼは青々とした稲があります。

稲わらを散らす前のns田んぼ 稲わらを均一に散らしたns田んぼ トラクタで耕運したns田んぼ

粗大有機質で堆肥で土づくり

【一般的には】
「土づくり」といってもコンバインで切ったワラをトラクタで耕運するくらいです。土づくりという考えはないと思われます。

【あぜみちは】
自家で得られる粗大有機質(ワラ、モミガラ、野菜栽培後の残渣や敷きワラ、緑肥など)を積極的に有効利用して土づくりを何年も続けています。
稲は丈夫に育ってくれます。丈夫に育ってくれれば病虫害に強くなれますので農薬を使わなくとも良くなります。
モミガラの高温発酵堆肥づくりの様子とマニュアスプレッタによる堆肥散布

モミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくり
モミガラ堆肥散布モミガラ堆肥散布

肥料は有機質肥料のみで育てています。

【あぜみちは】
有機質肥料の発酵鶏糞や菜種油粕を使っています。
鶏糞散布菜種油粕散布

地下水

【あぜみちは】
ミルキークイーンを栽培しているほとんどの田んぼは地下水を利用しています(井戸)。
水は綺麗ですし、夏の暑いときでも16〜17℃と冷たいです。

地下水ar地下水ar

暗渠排水の設置

【あぜみちは】
田んぼのほとんどに土管による本暗渠を設置しています。
暗渠は水はけを劇的に良くします。田んぼの水は縦に動き根の伸長や活力を高めます。

暗渠の説明暗渠排水

【土づくりをおこなっていること】や【田んぼに殺虫剤を使っていないこと】の成果や証と言えると思います。

田植え後にカブトエビがたくさん発生しますが、土づくりをしていないとたくさんのカブトエビは発生しないです。
田んぼで殺虫剤を使うとカブトエビは死んでしまいます。

カブトエビカブトエビカブトエビ
カブトエビ

田植え後は菌やカブトエビなど生き物の活動で田んぼの水が濁っています。
田の水の濁り田の水の濁り田の水の濁り
田んぼの水の濁り

土づくりをしないで、農薬や化学肥料に頼った米づくりではこのような田んぼにはなりません。
このような田んぼになることを目指しています。

B:収穫したお米は玄米食で召し上がれるように高品質に仕上げています。

【一般的には】
コンバインで収穫した籾を乾燥機で14.5〜15%に乾燥します。それからモミスリ機で玄米にして米選別機で小米を抜き紙袋に入れ30kgで計量します。
この調整では石やカメムシなどの黒い斑点米や変色した米や籾や異物を除去することはできません。
国家規格の検査で一等米になったお米も同じでそのままでは玄米食には適しません。

【あぜみちは】
お米に籾が混入しないように通常の1.5倍の時間をかけて丁寧なモミスリ作業をおこなっています。
【石抜き機】【色彩選別機】も使い【石】や【カメムシなどの食害による黒い斑点米】や【黒や茶色に変色した米】や【籾】や【異物】を除去しています。

石抜き機と色彩選別機

【ミルキークイーン】
ミルキークイーン玄米の写真ミルキークイーン白米の写真

【姫ごのみ】
姫ごのみ玄米の写真姫ごのみ白米の写真

白米ご飯は真っ白でカメムシの黒い斑点米や変色米はありません。

【玄米は高い発芽率です】
発芽玄米の写真

C:冷蔵庫保管で虫やカビの発生もなく一年を通して美味しいお米です。

写真の冷蔵庫内温度表示はマイナス6℃このくらいまで冷やせる冷蔵庫が望ましいです。
こだわりの温度管理をおこなっています。
冷蔵庫 冷蔵庫内温度はマイナス6℃

いつも同じ品質のお米をお届けしたいです

石抜き機や色彩選別機、冷蔵庫の導入はいつも高品質なお米をお届けしたいと思って導入しました。
天候は毎年違います。お米の品質は天候に大きく左右されます。
品質が落ちた年でもできる限り良いお米をお届けしたいと思っています。
新米時期の秋はもちろん、一年を通して美味しいお米をお届けしたいと思っています。
そのためには石抜き機や色彩選別機、冷蔵庫は必要です。

石抜き機や色彩選別機、冷蔵庫の導入は経費アップになり価格アップになります。
導入しないで品質が落ちてもお安く提供した方が良いという考えがあるかもしれません。
減農薬だから品質が落ちているのは当たり前という考えがあるかもしれません。
お米の品質は天候に左右されるのは当たり前という考えがあるかもしれません。
でもそれでは「いつも高品質なお米をお届けしたい」という思いは満たされません。


あぜみちの産直は長いおつき合いのお客様がほとんどです。
2017年産で18年目になります。いつも同じ品質のお米をお届けしたいと思っています。

D:白米は低温精米で発送日当日に精米しています。

【低温精米機】を使っています。なおかつ、工夫を凝らした精米で精米後のお米(白米)が高温にならないようにしています。
(精米するとお米の温度が上昇します。高温になるとお米の食味が低下します。)

精米は発送日当日にしています。

精米しているときに撮った写真です。白米の温度は28℃でした(撮影は9月上旬)。
精米後の温度

E:2017年産米の農薬使用

2017年産ミルキークイーン、姫ごのみの農薬使用
ステージ 使用状況
種消毒 農薬使用はありません
(温湯消毒をしています)
苗箱殺菌 苗箱や育苗機器等の殺菌のための農薬使用はありません
(自然出芽のため殺菌は不要)
播種時 農薬使用はありません
(自然出芽のため立ち枯れ病予防の殺菌剤は不要)
育苗中 ミルキークイーンは殺虫剤を1回使用しました。
姫ごのみは農薬使用はありません。
田植え時 農薬使用はありません
田んぼ(初期) 田植え後に除草剤ポッシブルフロアブルを使用
田んぼ(中期) 農薬使用はありません
田んぼ(後期) 農薬使用はありません

F;農薬使用と安全 について

決められた使い方で栽培された農産物は安全です。国の基準ですので絶対に安全でなければならないことです。

40年も50年も前のことを今になってふり返ってみるのであれば危険な農薬もまた不適切な農薬の使われ方もあったと思います。
しかし現在は違います。農薬の安全性が高くなっていると言われています。また近年、食の安全についての意識の高まりに伴いJAなどの指導によって適正な農薬使用がおこなわれています。
今は農産物の残留農薬検査も厳しいです。全国の各産地は農薬使用に関して規制値を超える数値がでると産地生命を失うという危機感をもっています。そのため全国のJAや指導機関や農家は適正な農薬使用に努めています。
農薬を決められた使い方で栽培した農産物は安全です。

販促目的で「安全」や「安心」を強調するのは控えたいものです。

販促目的で「安全」や「安心」をうたうことはいたずらに不安をあおることになります。
「安全」の反対は「危険」です。「安全」と主張している対照は「危険である」と主張していることになります。でも「危険」なものなどないですね。

あぜみちでは産直当初(平成12年)から除草剤1回の農薬使用でした。
ミルキークイーンと姫ごのみは平成20年から平成25年まで無農薬栽培をおこないました。
しかし、これまで 「安全」や「安心」を表示して販売したことは一度もありません。

追伸

栽培者は農薬を減らす努力はしなければなりません。そうしてできた農産物はそれなりの価値があります。



2018年の米つくり

ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ


Copyright(c)2000 Yasuo Tamura All Rights Reserved.