ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

産直米の農薬使用

産直米の農薬使用

農薬使用についての考え

農薬は使わないように努力していますがどうしても農薬散布が必要と判断したときは農薬を使用します。
【努力】を簡単ですが下記に書きました(詳しくは【栽培の概要】で)。

種籾の消毒は60℃のお湯でおこなっています

種籾の消毒に使われる農薬は殺菌剤と殺虫剤があります。最近は温湯消毒の機械ができましたので農薬を使わない温湯消毒も増えています。

【あぜみちは】
機械ができるずっと前から温湯消毒をおこなってきました。

温湯消毒温湯消毒

播種量は少なくて一般のおよそ1/5です(過密になりませんから病気にならないです)

【一般的には】
育苗箱1箱(60cm×30cm)に150g〜200gの種籾を播種します。過密で通気性、受光環境は悪いです。
10a(1反)で3〜4kgの種籾を使います。
10a(1反)で育苗箱を20枚使うのが標準です。
苗箱を多く使うほど1箱あたりの種籾は少なくなりますから良い環境になっていきます。反対に少なくするほど1箱に播種する種籾が多くなりますので過密な育苗環境になり通気性、受光環境が悪くなり、軟弱な生育で病気になりやすいです。

【あぜみちは】
1箱(60cm×30cm)に30〜40gの播種量です。一般のおよそ1/5です。通気性、受光環境は非常に良いです。
10a(1反)で1kg以下の種籾です。一般的な量の1/4〜1/3です。
10a(1反)で育苗箱を24枚使います。

出芽は自然の天候任せです(殺菌剤は使わなくともカビ菌は発生しません)

【一般的には】
出芽作業は、播種した苗箱を積み重ねてビニールや断熱効果のある被覆剤で密閉して温度と湿度を保っておこなうことが多いです(出芽機など)。
または、
播種した苗箱を田んぼに並べて、保温・保湿できるシートでトンネル被覆またはベタ掛け被覆することも行われています。
これらは高温、高湿度、酸素不足の環境になります。菌が繁殖する環境と同じです。そのため殺菌剤が使われるわけです。

【あぜみちは】
播種した苗箱はすぐに田んぼに並べますが、被覆は通気性のある寒冷紗というネットです(私は自然出芽と名づけました)。
保温性も保湿性もありません。通気性抜群ですから酸素不足にもなりません。なので殺菌剤は使わなくとも菌は繁殖しませんし病気も出ません。

播種済みの苗箱をベッドに設置寒冷紗べた掛け
出芽前出芽

田植えの植え付け密度は1坪36株と少ないです(疎植栽培)

1株本数や1坪(約畳2枚分)の植え付け株数が多いと稲が育ち茎数が増え、背丈が大きくなってくると葉が混み合い風通しが悪くなります(過密、繁茂)。日光も十分に当たらなくなります。そうすると稲の活力が落ち病気が発生しやすくなります。

【一般的には】
1株が2〜3本よりもはるかに多くて、1坪(約畳2枚分)に60株前後の植え付けです。なかには50株前後で植える人もいます。

【あぜみちは】
1株わずか2〜3本を1坪(約畳2枚分)に36株と少ない疎植栽培です(1穴が1株です)。
大きくなって茎数が増えても過密にならず受光は良好で風通しも良いです。

1穴が1株で2〜3本1坪36株の疎植受光良好

土づくりで健康に育ちます

【一般的には】
「土づくり」といってもコンバインで切ったワラをトラクタで耕運するくらいです。土づくりという考えはないと思われます。

【あぜみちは】
自家で得られる粗大有機質(ワラ、モミガラ、野菜栽培後の残渣や敷きワラ、緑肥など)を積極的に有効利用して土づくりを何年も続けています。
稲は丈夫に育ってくれます。丈夫に育ってくれれば病虫害に強くなれますので農薬を使わなくとも良くなります。
モミガラの高温発酵堆肥づくりの様子と堆肥散布

モミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくり
モミガラ堆肥散布モミガラ堆肥散布

肥料

【あぜみちは】
有機質肥料の発酵鶏糞や菜種油粕を使っています。
鶏糞散布菜種油粕散布

暗渠排水の設置

【あぜみちは】
田んぼのほとんどに土管による本暗渠を設置しています。
暗渠は水はけを劇的に良くします。田んぼの水は縦に動き根の伸長や活力を高めます。

暗渠の説明暗渠排水

【土づくりをおこなっていること】や【殺虫剤を使っていないこと】の成果や証と言えると思います。

田植え後にカブトエビがたくさん発生しますが、土づくりをしていないとたくさんのカブトエビは発生しないです。
殺虫剤を使っているとカブトエビは死んでしまいます。

カブトエビカブトエビカブトエビ

田植え後は菌やカブトエビなど生き物の活動で田んぼの水が濁っています。
田の水の濁り田の水の濁り田の水の濁り

土づくりをしないで、農薬や化学肥料に頼った米づくりではこのような田んぼにはなりません。

【あぜみち】の米づくりは【栽培の概要のページ】で詳しく紹介しています。

「安全」や「減農薬」を主張した販促に違和感があります(産直当初より書いています)

【あぜみち】は平成12年の産直当初から農薬使用は田植え後に除草剤を1回使用でした。平成20年から平成25年は無農薬栽培もおこないました。
でも、「安全」や「減農薬」を主張して販促をしたたことは一度もありません。

【農薬は使い方が決められています】

決められた使い方で栽培された農産物は安全だと思っています。国の基準ですので絶対に安全でなければならないことです。

【決められた使い方で栽培された農産物は安全です】

40年も50年も前のことを今になってふり返ってみるのであれば危険な農薬もまた不適切な農薬の使われ方もあったと思います。
しかし現在は違います。農薬の安全性が高くなっていると言われています。また近年、食の安全についての意識の高まりに伴いJAなどの指導によって適正な農薬使用がおこなわれています。
今は農産物の残留農薬検査も厳しいです。全国の各産地は農薬使用に関して規制値を超える数値がでると産地生命を失うという危機感をもっています。そのため全国のJAや指導機関や農家は適正な農薬使用に努めています。
農薬を決められた使い方で栽培した農産物は安全だと思っていただいて良いと思います。日本国内で生産・流通している農産物は安全だと思っていただいて良いと思います。

「安全」の反対は「危険」です

無農薬だから「安全」、農薬使用回数が一般的な農薬使用よりも少ない「減農薬」だから「安全」だと主張することはそれ以外は「危険」だと言っていることになります。

日本国内で販売されている農産物(生の農産物や加工食品)のほとんどは農薬を適正に使ったもので「無農薬」や「減農薬」の栽培ではありません。
「安全」を主張する人は「危険」なものは食べられないはずです。しかしそんなことはありませんね。普通に生活していればたくさん食べていますね。本当は「危険」と思っていないことになります。そのような人が自分の農産物を販売するときに「安全」だと主張することは間違っています。「一般に流通している農産物は危険だ」と言っているのと同じことで消費者を惑わすことになります。
「減農薬」は曖昧な表現です。実際に使用した農薬を表示することが良いことです(「減農薬」の表示は禁止されています)。

※販促目的で「減農薬」や「安全」を強調するのは控えたいものです。
(無農薬、無化学肥料、減農薬、減化学肥料などの表示は禁止されています)

追伸
栽培者は農薬を減らす努力はしなければなりません。そうしてできた農産物はそれなりの価値があります。

特別栽培米認証制度は販売する者のための制度であって消費者のための制度ではないと思っています。

特別栽培米は栽培している地域の慣行レベルに比べて、化学肥料も農薬も50%以下で栽培されたお米です。
地域によって化学肥料や農薬の使用状況は違います。ある地域で認証を受けている農産物(お米も)が、別の地域であったら認証に該当しないこともあります。
化学肥料も農薬も50%以下で栽培している人で特別栽培の認証を取っていない人は結構多いと思います。
無農薬、無化学肥料、減農薬、減化学肥料などの表示は曖昧のため禁止されましたが特別栽培米などの表示も曖昧です。
実際に使用した肥料や農薬を表示することが良いことだと思います。

コクゾウムシと農薬使用について

[コクゾウムシが発生する米]=[無農薬栽培米]や[減農薬栽培米]ではありません

お米を長く保存しておくとコクゾウムシなどが発生することがありますね。
発生する原因は
  1. お米を刈り取るコンバインや乾燥機やモミスリ機なども綺麗に清掃されていないとコクゾウ虫や蛾(幼虫も)の発生の原因になります。
    秋に使ったままにしたり、清掃しても複雑になっている機械ですから清掃が不十分だったりするとコクゾウ虫や蛾(幼虫も)やそれらの卵がお米に混入します。これではいくら冷蔵庫で保存しても発生します。
  2. 刈り取り収穫後にお米(籾)を乾燥しますがそのときの乾燥が不十分だと発生しやすいです。
    お米の水分が多いほど発生しやすいです。
    お米の水分は16%まで良いとされています。水分が多いほど美味しいお米になりますがカビや虫が発生しやすくなります。
    次の2の保存環境を考慮した水分に調整する必要があります。虫やカビが発生しやすい保存環境ならお米の水分を少なくしなければなりません(強く乾燥)。
  3. お米の保存環境も原因になります。
    収穫後に調整した水分はその後の環境によって変化します。
    「お米を保存している環境」は温度が高いほど、そして湿気が多いほど発生しやすいです。
    気温が高い時期は冷蔵庫保管が良いです。但し、冷蔵庫でも使い方を誤ると虫やカビが発生します。
  4. お客様が購入されてからの保存環境が原因で発生することも考えられます。
    日光が当たらないところでできるだけ風通しが良くて(湿気の少ないところ)、温度が低いところがいいですね。気温が高い時期の購入間隔はあまり長くない方が良いです。
    家庭用の冷蔵庫はオススメできません。野菜などと汎用になっているため庫内湿度が高すぎてカビが発生しやすいです。庫内温度が0℃でも高湿度ではカビが発生します。
栽培中の農薬使用とコクゾウムシの発生とは関係ありません。無農薬栽培米でも一般的な農薬使用栽培米でも上記の状況ではコクゾウムシは発生します。

これを防ぐために収穫後のお米におこなう農薬処理をポストハーベストと言いますが、日本の農家がポストハーベストを行うことはないと思っています。

ご家庭での対策では「赤トウガラシ」をお米に入れておくことでコクゾウムシの発生を防げると思います。ただし 、すでに発生している場合や虫の卵がお米に入っている場合にはトウガラシを入れても効果は無いです。


私が小学生の頃の話ですが、農薬は殺虫剤ではホリドールが稲の消毒に使われていました。種籾の消毒にもウスプルンが使われていました。これらは殺虫効果、殺菌効果が非常にある農薬と聞いています。かなり昔に使用禁止になっています。当時は米の保存は10俵くらい入るブリキの缶に入れておりましたが、暑くなってくると虫が湧いていたことが記憶にあります。

コクゾウムシなどの発生は無農薬栽培米も農薬を決められた使い方で栽培されたお米も全く同じです。
「無農薬米や低農薬米だからコクゾウムシやガの幼虫が発生する又は発生しやすい」はデタラメな情報です。

収穫後におこなうお米(籾)の乾燥の程度、モミスリ後(玄米)の保管状況、購入後の保管状況に問題があるわけで、無農薬栽培米や減農薬栽培米だから発生し易い、あるいは発生すると納得することは改めましょう。

「カビ」の発生も同様です。

ミルキークイーンと姫ごのみの玄米の品質管理

緑肥無農薬栽培の紹介

無農薬栽培したミルキークイーンの産直を平成20年から平成25年までおこないました。

平成20年から平成25年までおこなった緑肥鋤込みによる無農薬栽培の紹介です

田んぼに緑肥作物を栽培して鋤込む緑肥の抑草効果、代掻き後からおこなう深水による抑草効果、堆肥による土づくりによって発生するたくさんの菌類やカブトエビなどによる抑草効果によって田植え後は何もしなくとも田の草を生やさない無農薬栽培です。

緑肥作物の栽培

晩秋に田んぼをトラクタで丁寧に2回耕運します。
トラクタで耕運

緑肥作物のヘアリーベッチや菜の花を播種します。背負いの動力散布機を使います。
ヘアリーベッチの播種 菜の花の播種

播種が終わったらトラクタで浅く耕運します。覆土です。
覆土 覆土

播種・覆土が終わったら大雨の湿害を防ぐため、管理機で排水溝を作ります。
軽トラで管理機を運びます 管理機で排水溝を作る

ヘアリーベッチの生育(モアによる細断まで)
生えてきたのヘアリーベッチ 12月1日のヘアリーベッチ 3月29日のヘアリーベッチ ヘアリーベッチ モアで細断 ベッチのモア刈り

菜の花の生育(モアによる細断まで)
生えてきた菜の花 20091125の菜の花 菜の花満開 菜の花満開 菜の花満開 モアで細断

緑肥を細断した機械「モア」です。
モア

あぜぬり作業

入水後に水漏れしないように畦畔をあぜ塗り機でしかっり固めます。深水で稲を育てるためにも必要なことです。
緑肥の細断の前後で降雨後あぜぬり作業に適した状態のときにおこないます。
あぜぬり

緑肥の細断後に堆肥を散布し、耕運します

モミガラ堆肥散布 耕運

代掻き

代掻きは緑肥作物が浮かないように少ない水でおこないます。
しろかき 代掻き

代掻きが終わったら草を生やさないために水をたくさん張ります(深水)。ヒエは深水だと生えません。
代掻き後は深水 代掻き後は深水

田植え

代掻き後は水をいっぱい入れておきますが、水を捨てないで田植えします。
田の草を生やしたくないので深水のまま田植えします。排水は土づくりでできた有効な成分や生き物を水といっしょに捨てることにもなります。
田植え 田植え 田植え

丈夫な苗が必要

深水での田植え、その後の深水にも耐えられる丈夫な苗がなければこの無農薬栽培は成り立ちません。
自然出芽とNOシャワー潅水で丈夫に育てています。ポット育苗です。
ポット育苗 ポット育苗 ポット育苗

田植えする苗です。本葉が5枚の土つきのポット成苗です。
ポット苗

深水・田んぼの水の濁り・カブトエビ

田植え後も深水で管理します。水は菌類やカブトエビなどの生き物の活動で濁っています。

濁り 濁り 濁り

抑草成功

生育中期で落水しました。田の草は生えていません。
抑草成功 抑草成功 抑草成功 抑草成功


ホタルイの発生で無農薬栽培を断念

ホタルイが発生してきました。
ホタルイ発生 ホタルイ発生

発生し始めたときはまだ少なかったので人力でホタルイを抜き無農薬栽培しました。
ホタルイ抜き ホタルイ

ホタルイがたくさん発生するようになりました。
手に負えないので除草剤を使うことにしました。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
除草剤

緑肥鋤込み、深水、田の水の濁り、たくさんのカブトエビが発生してもホタルイは発生します。
年を追うごとにより多く発生するようになります。

ホタルイは

  1. 酸素がなくとも発芽して生育できますので深水管理しても効果はないのです。
  2. 水が濁って田面に日光が当たらなくとも発芽生育できるのです。
  3. ホタルイはカブトエビの好物ではないようです。どんなにたくさんカブトエビが発生しても食べないのでホタルイはたくさん生えてきます。

緑肥による無農薬栽培はできないと思いました。

ミルキークイーンの栽培の概要】ページへ

田んぼの周囲に生えている「あぜ草」への対応

  1. できるだけ草刈機による草刈りをおこないたいと思っています。
  2. すべて草刈機でおこなうことは長い作業時間を要し重労働です。すべてを草刈機で対応することが困難なときは草を枯らす除草剤を使うこともあります。

    この除草剤の散布は@田植え前の稲がない時期やA田植え後では稲に飛散しないように稲と雑草の間に仕切り板を置いておこない、さらに飛散しない散布ノズルを使用していますので稲への飛散は全くありません。
    田んぼの周囲に生えているあぜ草への除草剤の散布はお米つくりの農薬使用と切り離して考えても良いと思っています。

●少しずつですが、草刈機による草刈が軽減できるように改善をおこなっています。



ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ


Copyright(c)2000 Yasuo Tamura All Rights Reserved.