ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

コンバイン清掃

機械に籾やお米が残っているとコクゾウ虫や蛾が発生する原因になります

コンバイン、籾を運ぶコンテナ、乾燥機、モミスリ機、米選別機(小米抜き)、石抜き機、色彩選別機などの機械に籾やお米が残っているとコクゾウ虫やガの幼虫などが発生して住み着きます。
新米を収穫してもこれらの虫や卵がお米に混入するといくら冷蔵庫で保存しても虫が発生します。
機械は、稲刈りや籾すりの作業が終わったときと次に収穫する前の2回、徹底的に清掃しています。

コンバインは

秋、稲刈りが終わり、一段落したらコンバインを清掃します。
あとで各部を点検・整備します。

来年の稲刈りが近づいたらもう一度清掃してから取り外した部品を取り付けます。

清掃前のコンバイン

コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン

取り外したカバー、選別揺動板、二次選別副胴など
コンバイン

清掃後のコンバイン

コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン コンバイン


清掃前
清掃前

清掃後
清掃後

確かな清掃

このコンバインは平成7年6月の小麦刈りから使い始めました。平成27年の稲刈りは21回目の稲刈りです。

以下は確かな清掃をおこなっていると思っていただけるでしょうか?


コンバインは平成7年に購入しましたが、現在まで整備や修理を機械屋さんに依頼したことがないんです。つまり21年間私が清掃をしてきました(整備や修理も)。

整備や修理を機械屋さんにお願いしている農家さんは多いと思います。機械屋さんならスチーム洗浄しますから油汚れも落ち機械は綺麗になります。

私はコンバインにこまめに油を差します。コンバインはスチーム洗浄をおこなったことはありません。コンプレッサーの圧縮空気で吹き飛ばすだけですから油汚れは落ちません。見た目はスチーム洗浄のように綺麗にはなりません。


お米の品質管理農薬(コクゾウ虫)
ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

Copyright(C)Yasuo Tamura All Rights Reserved.