ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

【栽培の概要】ミルキークイーン、姫ごのみ

ミルキークイーンのご注文姫ごのみのご注文

「米づくりは土づくり、苗半作」と言いますが、あぜみちの米づくりもこれが基本です。

美味しいお米ができるように、土づくりをおこない、丈夫な苗を育て、稲が大きくなっても十分に日光を受けて育つようにゆったりした環境で育てています。

土づくり

モミガラ堆肥

モミガラ堆肥は病害虫に強い稲を育て美味しいお米を作ります

収穫後に得られるモミガラや米糠は堆肥にして再び田んぼに戻しています。

モミガラはたくさんのセルロース(繊維質)とケイ酸(約20%)を含んでいます。
稲が最も多く吸収する成分は5大要素のチッソでもリン酸でもカリウムでもカルシウムでもマグネシウムでもなく、ケイ酸です。ケイ酸は稲を丈夫に育て、美味しいお米を作ります。
米糠は微生物が繁殖するためのすべての栄養素を含んでいる完全肥料です。
たくさんのセルロース(繊維質)を持つモミガラに米糠と水を与えることで好気性の高温発酵する菌が活動し堆肥を作ってくれます。
米糠を加えて作ったモミガラ堆肥には稲が吸収しやすい状態になったたくさんのミネラル(無機質)やビタミン(有機質化合物の一部)ができます。
モミガラと米糠で堆肥を作って田んぼに戻す土づくりを何年も続けています。

モミガラ堆肥作りの様子
モミスリのときに出たモミガラを堆肥を作る為に軽トラで移動します。
モミガラに米糠を混ぜ、水を加えて山積みにします。
菌が活動を開始して、やがて大繁殖します。高温発酵の堆肥づくりです。菌はモミガラに付着している自然界の菌です。
モミガラを軽トラに積んで移動します モミガラを堆肥を作る場所に置きます
モミガラに米糠と水を加え堆肥を作ります モミガラに米糠と水を加え堆肥を作ります

米糠を均一に混ぜ、水を十分与えて積み上げ、ブルーシートで覆います。
積み上げてモミガラ堆肥づくり 積み上げたモミガラをブルーシトで覆います

切り返しをします(積み替えです)

半月ほどしたらモミガラ内部は酸素が無くなってきます。
酸素が無くては活動できない好気性菌から酸素が無くとも活動できる嫌気性菌が活動するようになります。
嫌気性菌には良い菌もいますが悪い菌が多いです(腐敗菌など)。
積み替えをおこない好気性菌が再び元気に活動できるようにモミガラを空気(酸素)に触れさせます。これを切り返しと言います。水と米糠も与えます。
米糠を加えてモミガラ堆肥の切り返しをおこないます 水も加えてモミガラ堆肥の切り返しをおこないます
米糠と水を加えたモミガラ堆肥を均一に混ぜます。 モミガラ堆肥を積み上げます

積み上げてから2〜3日しますと菌の活動で内部は高温になります。表面から30cmくらい下で66℃でした
積み上げてブルーシートで覆ったモミガラ堆肥 モミガラ堆肥づくりで内部は66℃でした

モミガラ堆肥散布

できあがった堆肥は堆肥散布機で田んぼに戻します。
飴色になったモミガラ堆肥 モミガラ堆肥散布
モミガラ堆肥散布中の写真 モミガラ堆肥を散布した田んぼ

ヤサイ栽培で得られる有機質も堆肥にして田んぼに散布しています

野菜栽培終了後の残さや敷きワラやバンカープランツとして生やしたソルゴーなど自家で得られる粗大有機質はモミガラ、米糠を混ぜて堆肥にして田んぼに散布しています。
野菜残さで作った堆肥 野菜残さで作った堆肥の散布

稲わらの早期鋤込み

コンバインが細断した稲わらを均一に散らしてからトラクタで耕運します。
稲刈り後できるだけ早く耕運するようにしています
土中の菌によって腐熟します。地温(気温)が高い方が菌の活動が活発です。気温が下がると菌は活動しなくなります。

私の地域では、ミルキークイーンの収穫は一般に栽培されている品種よりもおよそ1ヶ月ほど早いので周りの田んぼは青々とした稲がまだあります。

s6田んぼ
稲わらを散らす前のs6田んぼ 稲わらを散らしたs6田んぼ トラクタで耕運したs6田んぼ

ns田んぼ
稲わらを散らす前のns田んぼ 稲わらを均一に散らしたns田んぼ トラクタで耕運したns田んぼ

a6、sh田んぼ
トラクタで耕運したa6田んぼ トラクタで耕運したsh田んぼ

土づくりを続けた田んぼは生き物が豊かです

「土づくりしています」と言ってもなかなかわからないものです。田の水の濁りやたくさんのカブトエビの発生は土づくりが目に見える形です。

田植え後の田んぼの水は菌類やカブトエビなどの動物の活動によっていつも濁っています。
田んぼの水は濁っています 田んぼの水は濁っています 田んぼの水は濁っています

田んぼにはカブトエビがたくさん発生します
たくさんのカブトエビ たくさんのカブトエビ たくさんのカブトエビ
田んぼは濁っていますが水を入れているときは水口付近だけ水が澄みます。水口付近で撮影しました。水は地下水です。

◎これまで何年も続けてきた土つくり

■マッシュルーム堆肥を散布してきました(〜2006年まで)。

マッシュルーム栽培は父の時代からで約40年間続けてきました。マッシュルームは稲わらで作った堆肥で栽培します。栽培を終えた堆肥は「マッシュルーム堆肥」と呼ばれ良質の堆肥になります。これを40年も田んぼに散布してきました。同一経営体の中だけでおこなう資源の循環ですから本当の循環型農業ですね。

マッシュルーム堆肥を堆肥散布機に積み込んでいるところ マッシュルーム堆肥を散布しているところ 堆肥散布した機械

■モミガラは生のまま散布してきました(〜2005年まで)。
生のモミガラの積み込み 生のモミガラ散布 生のモミガラを散布した写真と散布した機械

■ソルゴーの緑肥鋤込みをしました(平成13年と14年)。
ソルゴーの緑肥鋤込みの写真 ソルゴーの緑肥鋤込みの写真 緑肥ソルゴーの鋤込みの写真

■ヘアリーベッチの鋤込み
緑肥作物のヘアリーベッチヘアリーベッチのモアによる刈り取り

■菜の花の鋤込み
緑肥作物の菜の花菜の花の刈り取り

肥料は有機質肥料100%です

有機質肥料の発酵鶏糞や菜種油粕を肥料散布機ブロードキャスタで均一に散布します。
散布機には500リットル入ります。

有機質肥料は田んぼの微生物によって分解された後、稲に吸収されます。微生物のエサでもあり、微生物がたくさん繁殖することになります。
発酵鶏糞を肥料散布機で散布します 菜種油粕を肥料散布機で散布します

地下水

ミルキークイーンを栽培しているほとんどの田んぼは地下水を利用しています(井戸)。
水は綺麗ですし、夏の暑いときでも16〜17℃と冷たいです。
地下水ar地下水ar

地下水a6地下水a6

地下水a6n地下水a6n

地下水yhr地下水yhr

地下水ymr地下水ymr

地下水は命の水

子供のころ、用水路でよく魚捕りをしました。
「よつで」という四角の網の漁具と魚を追い込む棒と捕った魚を入れるバケツを持っておこないました。
捕った魚のなかには横になっているものやお腹を上にしているものがいて今にも死にそうでした。
死にそうになっている魚を地下水を入れた容器に移すとほどなく魚はお腹を下にして元気に泳ぎ始めます。魚にとって地下水は命の水と言えます。

暗渠排水

ほとんどの田んぼに土管による本暗渠が設置してあります。
非常に水はけが良い田んぼになります。

暗渠とは

田んぼの土中に土管を配管し、土管と土管の継ぎ目から入り込んだ水を田んぼの外の水路に排水させます。
田んぼの表面の水は暗渠の配管の位置まで縦に動きます。

コシヒカリやミルキークイーンのように根の活力が弱い稲には土中を縦に水が動き排水できる暗渠排水はかけがえのない水管理システムです。
稲の根にとって水が土中を縦に移動することは、水とともに根も縦に深く伸びることができます。またいつも新鮮な水が土中深くまで入って行きますので根は活力を保つことができます。

暗渠の説明図

暗渠の排水口を閉しめた状態です(↓)。
暗渠の排水口〜閉めた状態

暗渠の排水口を開けた状態です(↓)。
暗渠の排水口〜開けた状態

暗渠に使った土管です(暗渠工事して余った土管)(↓)。
暗渠に使った土管

田んぼの土中にこういうふうに土管を連結して配管します(↓)。水は土管の継ぎ目から土管内に入ります。左から右に水が流れます。
暗渠工事での土管の連結の説明

暗渠による排水の実際
yhrの暗渠yhrの暗渠
ymrの暗渠ymrの暗渠

【余談=溝切り】

「溝切り」は田んぼの表面に溝を掘って水の通り道をつくります。この溝を使って田んぼの外に排水させます。

大分前のことです。
「溝切り機」を使って溝切りをおこなうことが水管理に良いということで導入しました。
しかし暗渠設備した田んぼでは必要の無いことでした。1年使っただけで納屋で眠っています。
溝切りは水が縦移動しない田んぼで表面の水を排水させることを目的に行うものです。

苗づくり

健苗化と省力化の究極を目指したポット育苗です。

3月のハウス育苗は無被覆出芽、4月に田んぼでおこなう育苗は寒冷紗ベタ掛けだけの自然出芽です。いづれもNOシャワー潅水をおこなっています。これらはオリジナル技術です。
あぜみちの育苗に適温管理などありません。自然任せです(自然出芽)。

苗づくりは「繊細に神経を使いますが過保護な管理はしない」を基本におこなっています。

田植えのときのポット苗です

土付き苗で本葉が4.5〜5枚の成苗です(一般的なマット苗は3枚です)。田植えで苗の根を痛めません。田植えしたその日に活着します(根付きます)。
これに勝る苗はありません。最強の苗です。
田植えのときのポット苗

ポット田植機のイメージです
ポット田植機のイメージ

ポット栽培

ずーと昔からポット栽培をしていたわけではないんですよ。ポット栽培の前は一般的に行われている普通の苗(マット式)の田植機を使っていました。
マット式の乗用6条側条施肥田植機を購入して3回(年)使った時にこのポット田植機を知り「稲を育てるにはこれに勝るものはない」と確信しましたので購入しました。マット式の乗用6条側条施肥田植機はこのとき販売してしまい、すべてポット栽培に切り替えました。育苗方式が全く違うために苗箱をはじめ一式全部を買いそろえました。

育苗は行程順に詳しく紹介しています。

【種籾の塩水選】→【種籾の温湯消毒】→【種籾の浸種】→【種籾の催芽(発芽)】→【籾ふり】→【出芽とその後】


種籾の塩水選

丈夫な苗になるように塩水選で充実した種籾を確保します

塩水の比重 比重計で比重1.13の塩水にミルキークイーンの種籾を入れて、浮いた種籾を取り除きます。よく稔った重い籾を種として使うのです。丈夫な苗に育つためには欠かせない作業の一つです。

風による唐箕選や、籾の大きさで選別するだけでは不完全です。籾種の選別には塩水選はかかすことのできない作業です。塩水選に勝る種籾の選別はないです


比重1.13について

現在は2〜3粒播きです

現在の播種

比重1.18というふうに大きい比重選をおこなったことがあります。ポット穴に1個の種籾を播く1粒播きをしたときです。
現在おこなっている播種は2〜3粒播きです。

比重1.13は昔から言われている比重で国の試験機関がいろいろおこなった結果1.13であれば充実した種籾を得ることができるとして広く推奨されている比重です。
実際、種籾産地の種籾でも比重1.13より大きい1.16や1.18でおこなうとロスが大きくなります。高価で購入した種籾なのにたくさん捨てるのは栽培コストを押し上げる要因にもなります。
2〜3粒播きでは1.13でも1.16でも実際の生育は見分けはつかないです。比重1.13以下ですと未熟籾も残りますので比重1.13でおこないます。


1粒播きした播種機
1粒播き播種機

1粒播きした苗箱
育苗箱に1粒播きした写真


種籾の温湯消毒

種籾の消毒は薬品を使わずお湯で殺菌しています。

日々の生活で使っているお風呂とボイラーを使っておこなっています。

お風呂で温湯消毒60℃の湯に10分間浸けておこなっています。
ポイントは消毒袋中心部の種籾までムラなくおこなうことです。

温湯消毒の訓細

うちのお風呂はガスで沸かすことができます。ボイラーの湯も利用できます。

  1. 準備
    消毒袋に入れる種籾は5kg以下にします。
    風呂場には時計を持ち込んでおきます。
  2. お風呂の湯を60℃にしておきます。またお風呂とは別に水槽を用意し、50℃くらいの温度にします(ボイラーの湯を利用)。
  3. 50℃くらいの水槽に塩水選が済んだ種籾を入れたり出したりを何回も繰り返しおこない、籾袋の内部まで50℃くらいにします。種籾は冷えていますので50℃の湯の温度はすぐ冷えてしまいます。ですからボイラーのお湯を入れ続けます(掛け流し)。このときのボイラーの湯温は70〜80℃でおこなっています。
    引き出したときに種籾袋から出てくる水の温度を手で確かめ、水槽の温度(50℃くらい)と同じに感じられればOKです。これは60℃10分を確実におこなうためです。
  4. いよいよ本番、温湯消毒です。60℃になっているお風呂ですが、ガスバーナーを燃焼させてすぐに「50℃くらいに温めた種籾」を入れます。このときも入れたり出したりを何回も短時間でおこなってから湯の中に沈めます。60℃の維持はガスバーナーで調整します。これより10分間浸けておきますので時計で時刻を確認します。
    温湯消毒 温湯消毒
    湯の中に沈めている間でも湯の温度が下がったらお風呂のガスバーナーで加温して60℃を維持します。加温しているときは温度ムラを無くすために湯を撹拌します。

    種籾を50℃くらいに温めてからおこなうことと、お風呂ですから湯量が多いということで湯温はほとんど下がりません。下がるスピードも急激ではないので下がってきたら余裕をもってお風呂のガスバーナーを燃焼させることができます。

  5. 10分間の温湯消毒が済んだ籾種は水道水を掛け流しにした水槽に入れたり出したりを何回もおこない、籾袋の内部の籾の温度まで冷まします。引き出したときに籾袋から出てくる水の温度が冷たくなるまで入れたり出したりをおこないます。
    温湯消毒
温湯消毒は1991年(平成3年)から始めました。その頃の温湯消毒の温度は57℃5分でおこなっていました。現在は60℃10分でおこなっています。57℃5分でも特に病気が出たということはありませんでした。これは平置き出芽をおこなっていたため病気は発生しにくかったということもあると思います。
温湯消毒

温湯消毒のポイントは「入れたり出したり」です

入れたり出したり」は消毒袋の中心部の種籾まで均一な温度にするためにおこないます。

種籾の温度が低いために50℃や60℃の湯に1回入れるだけでは内部は50℃や60℃になりません。何回も入れたり出したりすることで内部も50℃や60℃になります。

塩水選をした種籾(10℃以下だと思います)を50℃に加温するときの方が、50℃に加温した種籾を60℃にするときよりも入れたり出したりの回数は多いです。温度差が大きいためです。

消毒袋の中心部の種籾まで早く均一な温度にするためには、「ゆすったり」、「もんだり」では不完全でダメです。「入れたり出したり」が早くて完全です。

お風呂でおこなう催芽のときも「入れたり出したり」をおこないます。

機械に頼らず

温湯消毒は湯の温度と時間が厳格で、しかも籾袋中心部まで確かな消毒をおこなうことが要求されるシビアな作業です。
今は機械ができていますが大切な種籾ですから機械任せではなく自分の手できちんと行いたいですね(機械ができる前からお風呂とボイラーを使った温湯消毒をしています)。

できることは機械に頼らず家にあるものを利用して自分の手でおこなうことを心掛けています。

米つくりはいろいろな作業場面において機械化が進んでいます。私も機械に頼る作業は多々あります。しかし機械があるからと何でも機械に頼る姿勢の米つくりでは創意工夫に欠けた米つくりになるように思います。自分で工夫、応用することで見えてくること理解できることがあるように思います。


種籾の浸種

浸種は種籾を催芽(発芽)させるために水に浸けて吸水させることです。

かつては地下水の掛け流しで浸種をおこなっていました。浸種の期間ポンプで汲み上げ続けるわけですので電気代や地下水がもったいないですね。現在は1日に1〜2回水(水道水)を取り替えておこなっています。

浸種

地下水で浸種したときの写真です

地下水の掛け流しです
容器の底から浮かして種籾を置き、浮かしたところに地下水を常時流し入れます。地下水は種籾を下から上に透過して容器からあふれ出ます。

地下水浸種 地下水浸種

種籾の催芽(発芽)

催芽(発芽)は種から芽が出てくることです(出芽は土から芽が出てくることです)。

浸種を続けると、一般に積算温度100℃で発芽すると言われてます。

積算温度とは

でも積算温度70〜80℃で浸種を止め、32℃の水に1日浸けると発芽が揃いやすいのですよ。低温の水だけだと種籾にも個性があって一緒に発芽しないんだけど、温度を高めると発芽しなくっちゃと思うんでしょうね。

お米ミルキークイーンの種籾の催芽
うちではお風呂に入れます。お風呂の湯を40℃にして浸種していた種籾を入れます。何回も入れたり出したりして籾からでてくる水の温度がお風呂の温度と同じになるまでおこないます。湯の温度が下がりますのでガスバーナーを燃焼させ40℃を維持します。すべての籾袋が終わったらガスの種火も消します。

初温40℃にする理由は、籾の発芽に最も適した温度は32℃です。機械を使って発芽させるのであればサーモスタットにより32℃で一定に保つことができますがお風呂では無理ですね。寝る前に40℃にしても朝には25℃くらいになります。できるだけ長い時間適温の32℃近い温度を保つためにに初温40℃としているわけです。

写真のように袋はお風呂の底に置かないで水面に近い位置におきます。温度が下がった水は下に沈みますからできるだけ高い温度で維持できるようにしてます。ふたは完全に閉めないでおきます。
お湯の量はたくさん入れておこないます。いつまでもお湯の温度が保てるように、またお湯が多いことで酸素も多くあることになります。


■播種前の水切り(洗濯機に種籾を逆さに入れて2分?)

籾振りをおこなうときに催芽していた種籾は水で濡れていますので、普通はムシロに広げて水切りします(手に握って付かない程度まで)が時間がかかります。脱水機を利用するとすぐに播種機を使って籾ふりをすることができます。

播種するときに種籾が濡れていると機械に付いてしまってうまく蒔けません。研いだお米も手に付いてしまうでしょう。種籾も握って手に付かない程度に水を切ります。

脱水漕が小さい場合、逆さに入れないと取り出すのが非常に困難になります。

脱水機を使う方法は以前、稲の研究会に入っていたときに教えていただきました。

お米ミルキークイーンの種籾の催芽後のつゆ切り お米ミルキークイーンの種籾の催芽後のつゆ切り

1.13の比重選をした催芽籾
催芽籾

籾ふりして残った種

残った種籾の保存 籾ふりして残った種を次回の播種に使用するときは乾燥させています。
日陰で風通しが良いところに種籾袋に入れて吊して乾燥させます(多くとも2kg程度)。
表面の籾が乾きますので中の湿っている籾と混ざるように1日2回くらい混ぜます(ムシロなどに広げて乾かせば早いですが)。

使うときは半日か1日前に水に漬けて水を吸わせます。

冷蔵庫で保存は日数が長くなるとカビが発生します。


籾ふり

播種は専用機械でおこないます。1箱に448のポット穴があります。1つのポットに2〜3粒播種されます。1つのポットが田んぼの1株になります。1株2〜3本植えと少ない本数の田植えとなりゆったりとした環境になります

「種籾の量の少なさ」、「苗箱の数の多さ」で育苗のときも、田んぼに植えられてからもゆったりしている環境がわかります。

一般におこなわれているマット式の育苗でも、1箱に播種する種籾の量を少なくして1反当たりの箱数を増やすとさらに良い苗になります(ポット苗には劣りますが)。

種籾が播種された状態。大部分のポットは2〜3粒になっています。
播種

播種した苗箱は軽トラに積みます。
もみふり風景

荷台がいっぱいになりましたら育苗する田んぼへ運んでベッドに設置します。
播種済みの育苗箱をベッドに設置


ポット育苗〜出芽とその後

健苗と省力を目指した究極のポット育苗です

出芽 「出芽」とは土から芽が出てくることです。
出芽はポット育苗で最も重要な行程です。出芽が完了すればポット育苗の90%は終わったようなものです。

【特徴】霜や凍結がある時期ですが、ハウス育苗は無被覆で、露地は寒冷紗ベタ掛けだけの被覆で、いずれもNOシャワー潅水です。 あぜみちの育苗には出芽適温などありません。自然任せです。

自然出芽=5月下旬以降の田植え用

寒冷紗ベタ掛け
寒冷紗ベタ掛けは無い方が良いのですが「スズメに種籾を食べられること」や「強い雨でポットの土や種が洗い流さること」を防ぐために必要です。スズメと強雨の被害を防いで気温、光、風、雨を直接受ける自然と同じ環境を保てる被覆を考えたとき、「寒冷紗べた掛け」しかありませんでした。

寒冷紗のトンネル被覆は雨や露の水滴が落ちてポット内の土や種籾が洗い流されしまいます。トンネル被覆する場合は本葉が2枚になってからでないと無理です(葉が水滴の緩衝効果になります)。
しかしこの頃になるとベタ掛けの寒冷紗被覆は取り払う時期です。取り払う時期からおこなう寒冷紗のトンネル被覆は「過保護な管理」と言えます。健苗化に逆行します。寒冷紗のトンネル被覆で唯一意味のあることは雹害対策になるということだけです。

4月は霜が降りる日もあります。とりわけ4月上、中旬のまだ気温が低い時期であっても田んぼに設置した播種済みの苗箱には防寒資材や保温資材は使わず寒冷紗ベタ掛けだけの被覆で出芽させています。また乾燥防止のための保湿資材も使いません。

1枚の苗箱には448個のポット穴があります。何百枚もベッドに設置したときでも均一に出芽させることが大切です。「あっちを立てればこっちが立たず、こっちを立てればあっちが立たず」ではなく、自然な環境とNOシャワー潅水によって「あっちも、こっちも立てて」均一な出芽を目指します。

4月下旬、5月上旬、5月中旬の播種であれば、遅い播種になるほど気温が高くなってきますので出芽は短期間になり簡単です。4月上中旬は気温が低く天候が不安定な時期でもあり出芽するまで日数が掛かります。

5列ベタ掛け設置
ベッドに根が張りますので田植えで苗箱を運ぶときに根が切れるように寒冷紗を敷いて設置します。育苗箱を引き上げると簡単に根は切れます。

播種済みの育苗箱をベッドに設置しているところ。
ポット設置

設置後に寒冷紗ベタ掛け。
寒冷紗ベタ掛け被覆

被覆している「寒冷紗」は細かい編み目のネットです。
寒冷紗

ポット育苗では、出芽したときには根はポットの底から田んぼの土に根を伸ばしています。ですから播種したばかりで田んぼに作ったベッドに設置します。
まだ芽は見えませんが根はポットの底から伸び始めています。
根と芽
根と芽

自然環境での出芽はカビの心配はないです

田んぼに直接播種する直播栽培は田んぼの土を殺菌しませんね。また、昔の手植え用の苗つくりでも田んぼ(苗代)に直接播種しましたが田んぼの土(苗代)を殺菌しなかったですね。
カビなど病害菌は繁殖できる環境が整わないと活動できませんから自然環境での出芽は農薬はもちろんのことその他いっさいのカビ対策は必要ありません。

スズメ
育苗初期の種籾の中身は発芽玄米ですからスズメも秋に稔った稲穂よりも美味しいと感じることでしょうね。
でも秋の新米の方が美味しいと思うかもしれませんね。スズメに聞かないとわかりません。

寒冷紗を除去する時期

強雨やスズメの被害を受けないようになる本葉が2枚になったときです。
  (種籾は鞘葉→不完全葉→本葉第1葉→本葉第2葉と出葉します)
種籾は本葉2.5葉期まで栄養(胚乳)を持っていると言われていますから、2.5葉期以降の種籾はすっからかんになっていると思います。すっからかんの籾(=モミガラだけ)ではスズメも食べないでしょう。
寒冷紗の除去

ベッドに設置してからのポット育苗

NOシャワー潅水
NOシャワー潅水はトンネル育苗のときに考えた省力技術です。
ホースでシャワー散水をする方法が一般的ですが、トンネル被覆を取り払わないと散水できませんし、散水が終わったら再び被覆をしなければなりません。散水しても2日程度でまた散水しなければなりません。NOシャワー潅水は被覆したままできるので大変な省力技術と言えます。

それだけでなくほかにもメリットがあります。ホースでのシャワー散水は育苗箱上面から行うため水が横に流れてしまい、ポットの土が十分に水を含めないポットができます。しかしNOシャワー潅水ではポット育苗箱が水の中になりますのですべてのポットの土は水を十分含むことができます。

トンネル被覆のNOシャワー
拡大写真

育苗中の潅水はNOシャワー潅水だけでおこなっています。

NOシャワー潅水と出芽し始めた写真です。もう緑色をしていますので光合成ができますね。
NOシャワー潅水出芽
種籾は本葉が2.5枚になるまでの栄養を持っていると言われています。でも早く緑色(葉緑素)になって光合成ができればデンプンを作ることができるのでより多くの栄養で育つことができますね。それから早く緑色になることは徒長しにくい生育にもなります。

2枚目の写真は葉が寒冷紗を突き抜けていますが、寒冷紗を引き上げると稲は寒冷紗の下に入ります。
ポット育苗中ポット育苗中

2枚目の写真は寒冷紗被覆を取り除いたときの写真です(4月上中旬の自然出芽でも生育が揃っています)。
ポット育苗中ポット育苗中

1つのポット穴が田んぼの1株になります(ほとんどが2〜3本植えとなります)
ポット苗ポット苗

出芽機や積み重ね出芽

不自然出芽=出芽機による出芽

幾段も播種済みの苗箱を積み重ねて電気で温度を掛ける出芽機を使った出芽のやり方は光不足、酸素不足(炭酸ガス高濃度)、高湿度、高温度の環境となり不自然な出芽と言えるのではないでしょうか?
そしてこの環境はカビが好む環境と一致します薬剤(農薬)を使って土も種も殺菌しなければカビが繁殖してしまいます。

温湯消毒した種籾をカビの好適環境となる出芽機で出芽させることは非常に危険です。持続的にカビの発生を防ぐことができる薬剤に頼らなければなりません(温湯消毒しただけの種籾はカビに対して丸裸(無防備)の状態だからです)。

出芽した芽は日光が当たりませんので緑にならず白い状態です。いきなり強い太陽光を当てると障害が発生するため徐々に光にならします。これを緑化作業と言っていますが稲の自然な生育では不必要なことです。稲にとっては出芽しても葉緑素を作ることができないので光合成もおこなうことができません。稲不在、人間中心の出芽技術と言えると思います。

幾段も播種済みの苗箱を積み重ねてビニール被覆などをおこなう出芽も同じですね。

出芽機やビニール被覆などを使った積み重ね方式で出芽させるのであれば出芽は非常に簡単ですが関心しません。


あらかじめ出芽させてから田んぼに育苗箱を設置するのであれば酸素不足の心配は無くなりますからいつも水を与えておけば良く、管理は非常に簡単になりますが関心しません。

準自然出芽

ビニールハウスかトンネルの平置出芽

ビニールハウスやトンネルは気温が低いときに利用しますが、風や雨を遮断します。できるだけ自然環境に近い管理をおこなうようにすると良いと思っています。

ビニールハウス出芽=5月上旬〜中旬田植え用

育苗ハウス建設

自然出芽で5月上旬田植えの苗をつくることは無理ですのでビニールハウスを建てました。
◎播種・出芽は3月下旬からおこないます。

5月上旬田植え
ハウスで3月下旬の出芽

5月中旬田植え
ハウスで4月上旬の出芽

5月下旬田植え
露地で4月上旬〜

播種した苗箱を設置するベッドと設置後の潅水中の写真(2007/03/27)
ハウスのベッドハウス設置後の潅水

出芽  2007/04/02と2007/04/03のもの
出芽出芽


ポット育苗の省力化と健苗化の両立

ポット育苗を導入した当初はそれまでと全く勝手が違うために大変苦労が多かったです。健苗育成の基本をはずさないで省力化できなければポット育苗を続けることはできないと思いました。それだけに真剣にポット育苗と向き合ってきました。そして「NOシャワー潅水」と「自然出芽」にたどり着きました。どちらもオリジナル技術です。

NOシャワー潅水や自然出芽はポット育苗としてはかなり特異なやり方です。省力化と健苗育成ということではこれに勝る出芽の方法はないと思っています。

健苗つくりを維持、向上して省力化への歩み

■ポット栽培は1991年(平成3年)からです。初年度の1991年は縦4列、ラブシートのベタ掛け、ハイマットのトンネル、シャワー潅水でおこないました。
ハイマットトンネル

育苗箱を並べ終えても大変な作業がありました。トンネル被覆の作業です。弓(ポール)をしてハイマットを掛け、裾を金属パイプと土を入れた肥料袋を何カ所も置き、ポール(弓)でトンネルを抑えました。
強風でトンネル被覆のハイマットがまくり上げられたり、破かれたりしたこともあり大変でした。
潅水作業はシャワー潅水でしたのでトンネル被覆をとっておこない、潅水後は元に戻すので非常に大変でした。

■2年目はラブシートは使わないで縦4列、ハイマットのトンネル、シャワー潅水でおこないました。
   ラブシートは光をある程度は通しますがもっと光を苗に当てたいので使用を止めました。
4列縦ポット設置

並べ終えた後の作業はラブシートを使わないだけで1年目と同じで大変でした。
潅水作業の大変さに変わりありません。

■3年目も縦4列、ハイマットのトンネルでしたが「NOシャワー潅水」にしました。

並べ終えた後の作業の大変さは変わりありませんでした。
潅水作業の大変さがなくなりました。

寒冷紗べた掛けの自然出芽を小麦後に田植えをする育苗で始めました。小麦収穫後の田植えは6月下旬田植えとなりますから育苗(出芽)は5月中旬です。気温も高いですから2〜3日で出芽しました。並べ終えた後の作業は寒冷紗をベタ掛けして所々をクイで押さえるだけにしましたので大変楽になりました。高温期の育苗で「寒冷紗べた掛けの初歩的な自然出芽」です。
5月中旬の自然出芽を経験して、4月出芽も省力と健苗育成が両立できる自然出芽への思いを強く持つようになりました。

■4年目。4月下旬の自然出芽もおこなうようになりました。

4月上中旬の自然出芽は5月や4月下旬の自然出芽よりも大変です。
4月上旬の出芽を「寒冷紗べた掛け」の自然出芽でおこなうにはかなりの勇気がいりました。4月は気温も低く出芽するまでに日数が掛かります。また霜が降ります。かなり細かい神経、的確な管理ができないとうまくできないと思っていました。育苗の失敗は許されません。でも「究極の健苗育成」「設置後の大変な作業から開放されたい」という思いも強くありました。思っているだけでは先に進みません。自分を信じて4月上旬の自然出芽に挑戦しました。そして現在に至っています。

余談〜ポットのプール育苗

ポット育苗ではプール育苗はおこいないません。プール育苗の目的(メリット)は病気が発生しにくいことと水やりの手間が省けることの2つです。ポット育苗はプールにしなくともこの2つの目的を十分に達成します。

・播種量が少ないポットの平置き自然出芽では病気の心配はもともとありません。
・育苗田んぼに張り込んだ水が無くなっても根は田んぼの土に伸びていますので土中の水分を吸収できます。ポット内の土が乾燥しても何ら問題はありません(プールにしてポット内の土をいつも水分のある状態に保つ必要がないわけです)。

プール育苗した場合、ポット育苗箱上面まで水を入れ続けると「根上り」が起きますので隣のポットの根と絡み合ってしまい、うまく田植えができなくなります。

ポット育苗でプール育苗をおこなうなんて全く無意味なことです。

ポット育苗は田植機がなかった時代の手植えで田植えした苗つくりと同じ原理です。

田植機の苗つくりでありながら昔からの苗つくり(稲中心の苗つくり)の基本をはずさない育苗は素晴らしいと思います。開発された方が素晴らしいということですね。
開発された方の思い、それは手植えの苗つくりの折衷苗代(=田んぼに作ったベッドに直接種籾を播いて出芽生育させる苗つくり)がベストの苗つくりであってそういう苗を田植機で植えること」だったのでしょう。「出芽機による出芽」や「プール」などの考えは無かったんじゃないかと思います。
せっかく素晴らしいシステムを作ってくださったのですから開発された方の思いに反しないようなポット育苗をしないといけませんね。

疎植栽培

■稲が大きくなっても日光を十分受けられるように疎植栽培です。

丈夫に育った田植え苗(田植えで軽トラに積んだポット苗です)
ポット苗 ポット苗

77枚積みました。3反ちょっと植えられます。1反で24枚使います(1坪36株と少ない植え付けです)。
1反で1kgも使わない少ない種籾を24枚というたくさんの苗箱に播種しています。1枚当たりに播いた種籾の少なさがわかりますね。30〜40gです。
軽トラに積んだポット苗 ポット田植機

1株2〜3本で1坪(3.3u=およそ畳2枚の面積)に36株の疎植です。
疎植 疎植

育苗中のポット苗です。1つのポット穴が1株になります。
ほとんどが2〜3本ですので、1株2〜3本植えになります。
1株本数

田んぼの様子

田植え時は1株2〜3本だった株も分けつして茎が増えていきます。茎が増えるにつれて扇型に開いていきますので1本1本の稲に光が当たります。また稲株内も風通しが良いので病気に強い稲になります。
6/13のミルキークイーン 6/24のミルキークイーン
7/2のミルキークイーン 5/17に田植えした田んぼの7/9の稲

穂が出る寸前の稲と穂が出始めた稲
出穂 出穂

穂揃い
穂揃い 穂揃い

穂が出たばかりの稲に台風の洗礼
台風 台風

実入りが進み垂れる下がる稲穂、色づいた稲穂
傾穂 色づく稲

稲刈り
稲刈り 稲刈り
稲刈り
籾を家に運んで乾燥機に入れるのは妻がおこなっています。
妻一人でも楽に乾燥機に入れられるように軽トラダンプに自作した籾コンテナ(青い箱)でおこなっています。
妻が籾を運ぶことで私はコンバインで稲刈りを続けることができます。

乾燥機です。このほかにもう1台あります。
乾燥機
乾燥機


玄米の高品質化

ミルキークイーンも姫ごのみも玄米で召し上がっていただける高品質です。
玄米の行程


あぜ(畦畔)の写真集

田植え前におこなったあぜ草刈りの様子です。
あぜ あぜ
あぜ あぜ

田植え後、あぜに咲いた緑肥作物の花です
あぜ あぜ
あぜ あぜ
あぜ あぜ

田植え後最初のあぜ草刈りの様子です(6月下旬〜7月上旬)
あぜ草刈り あぜ草刈り
あぜ草刈り あぜ草刈り

稲刈り前の最後のあぜ草刈りの様子です。8月下旬〜9月上旬の暑い時期です。
あぜ草刈り あぜ草刈り
あぜ草刈り あぜ草刈り
あぜ草刈り あぜ草刈り
あぜ草刈り あぜ草刈り
あぜ草刈り あぜ草刈り


付録

緑肥無農薬栽培の紹介

無農薬栽培したミルキークイーンの産直を平成20年から平成25年までおこないました。

平成20年から平成25年までおこなった緑肥鋤込みによる無農薬栽培の紹介です

田んぼに緑肥作物を栽培して鋤込む緑肥の抑草効果、代掻き後からおこなう深水による抑草効果、堆肥による土づくりによって発生するたくさんの菌類やカブトエビなどによる抑草効果によって田植え後は何もしなくとも田の草を生やさない無農薬栽培です。

緑肥作物の栽培

晩秋に田んぼをトラクタで丁寧に2回耕運します。
トラクタで耕運

緑肥作物のヘアリーベッチや菜の花を播種します。背負いの動力散布機を使います。
ヘアリーベッチの播種 菜の花の播種

播種が終わったらトラクタで浅く耕運します。覆土です。
覆土 覆土

播種・覆土が終わったら大雨の湿害を防ぐため、管理機で排水溝を作ります。
軽トラで管理機を運びます 管理機で排水溝を作る

ヘアリーベッチの生育(モアによる細断まで)
生えてきたのヘアリーベッチ 12月1日のヘアリーベッチ 3月29日のヘアリーベッチ ヘアリーベッチ モアで細断 ベッチのモア刈り

菜の花の生育(モアによる細断まで)
生えてきた菜の花 20091125の菜の花 菜の花満開 菜の花満開 菜の花満開 モアで細断

緑肥を細断した機械「モア」です。
モア

あぜぬり作業

入水後に水漏れしないように畦畔をあぜ塗り機でしかっり固めます。深水で稲を育てるためにも必要なことです。
緑肥の細断の前後で降雨後あぜぬり作業に適した状態のときにおこないます。
あぜぬり

緑肥の細断後に堆肥を散布し、耕運します

モミガラ堆肥散布 耕運

代掻き

代掻きは緑肥作物が浮かないように少ない水でおこないます。
しろかき 代掻き

代掻きが終わったら草を生やさないために水をたくさん張ります(深水)。ヒエは深水だと生えません。
代掻き後は深水 代掻き後は深水

田植え

代掻き後は水をいっぱい入れておきますが、水を捨てないで田植えします。
田の草を生やしたくないので深水のまま田植えします。排水は土づくりでできた有効な成分や生き物を水といっしょに捨てることにもなります。
田植え 田植え 田植え

丈夫な苗が必要

深水での田植え、その後の深水にも耐えられる丈夫な苗がなければこの無農薬栽培は成り立ちません。
自然出芽とNOシャワー潅水で丈夫に育てています。ポット育苗です。
ポット育苗 ポット育苗 ポット育苗

田植えする苗です。本葉が5枚の土つきのポット成苗です。
ポット苗

深水・田んぼの水の濁り・カブトエビ

田植え後も深水で管理します。水は菌類やカブトエビなどの生き物の活動で濁っています。

濁り 濁り 濁り

抑草成功

生育中期で落水しました。田の草は生えていません。
抑草成功 抑草成功 抑草成功 抑草成功


ホタルイの発生で無農薬栽培を断念

ホタルイが発生してきました。
ホタルイ発生 ホタルイ発生

発生し始めたときはまだ少なかったので人力でホタルイを抜き無農薬栽培しました。
ホタルイ抜き ホタルイ

ホタルイがたくさん発生するようになりました。
手に負えないので除草剤を使うことにしました。
ホタルイ ホタルイ ホタルイ
除草剤

緑肥鋤込み、深水、田の水の濁り、たくさんのカブトエビが発生してもホタルイは発生します。
年を追うごとにより多く発生するようになります。

ホタルイは

  1. 酸素がなくとも発芽して生育できますので深水管理しても効果はないのです。
  2. 水が濁って田面に日光が当たらなくとも発芽生育できるのです。
  3. ホタルイはカブトエビの好物ではないようです。どんなにたくさんカブトエビが発生しても食べないのでホタルイはたくさん生えてきます。

緑肥による無農薬栽培はできないと思いました。


ミルキークイーンのご注文姫ごのみのご注文


ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ


Copyright(c)2000 Yasuo Tamura All Rights Reserved.