ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

発芽玄米ならミルキークイーンや姫ごのみ

発芽玄米の作り方発芽玄米の炊き方(水加減)もあります

玄米食や発芽玄米ご飯にはミルキークイーンや姫ごのみが最も適しています

ミルキークイーンの発芽玄米

ミルキークイーンの発芽玄米の写真
ミルキークイーンの発芽玄米

白米と混合炊きしない100%発芽玄米ご飯でも日常一般に使われている白米の炊飯器で炊くことができます。柔らかく、玄米のつぶつぶ感も味わえて美味しく食べることができます。特にミルキークイーンの発芽玄米ご飯の美味しさは天下一品です。

ミルキークイーンは柔らかい特性のお米です。固くボソボソとしたマイナスイメージがある玄米ご飯ですが、柔らかい特性のミルキークイーンは玄米ご飯にも適しています。またミルキークイーンは粘りがあって甘みが強いお米ですのでこのことも美味しい玄米ご飯になる所以です。

発芽玄米にすることで柔らかさ、甘みがさらに増します。天下一品と言える美味しい発芽玄米ご飯になります。

新品種「姫ごのみ」の発芽玄米

「姫ごのみ」もミルキークイーンと同じように美味しい発芽玄米ご飯になります。
「姫ごのみ」はミルキークイーンと同じ低アミロース米で、粘りがあって柔らかく、甘みがあって、冷めても美味しいです。その美味しさはミルキークイーンとほとんど同じです。

姫ごのみの発芽玄米の写真
姫ごのみの発芽玄米


発芽玄米はご家庭で作ることが一番良いです

発芽に適した条件下で玄米は発芽しようと目覚め発芽の準備をおこない、やがて発芽してきます。眠っていた玄米が目覚めて生長を開始したわけです。この活性化した玄米の動きを止めることなくご飯にすることが最も良いことです。ご家庭で最高に活性化している発芽玄米ご飯を食べるにはご家庭で発芽玄米を作ることが一番です。

発芽玄米の作り方と発芽玄米の炊き方(水加減)

発芽玄米を作るポイント

玄米を発芽玄米にすることは難しいことではありません。発芽には水、温度、酸素が必要条件で、発芽に適した環境に玄米を置くことで簡単に発芽玄米を作ることができます。

ここでは電気ヒーターなどの加温器具は使わない無加温方式でおこないます。
そのため保温に重点をおいた発芽玄米づくりです。日々のことですからできるだけ手間をかけないことが大切です。

発芽玄米を炊飯するポイント

真空保温調理器を使って姫ごのみ1合(150g)の発芽玄米づくり

普段はこの真空保温調理器でお米5合を発芽玄米にしています。そしてガス釜で炊飯しています。
今回は小さい電気釜で炊飯しますので1合でおこなっています。

発芽作業した日は雨で最低気温8℃、最高気温11℃の寒い日でした。

真空保温調理器です。
真空調理器 真空調理器 真空調理器

姫ごのみ150g(1合=180ml)です。
姫ごのみ150g(1合)

午前6時から発芽作業を開始しました。初温は水温41℃です。水の量は3.5リットルでお米の約19倍です。
am6時

6時間経過した午後1時は35℃でした。発芽はしていませんが、発芽玄米としての機能性はできていると思います(ギャバ化)。
午後1時は35℃

12時間経過午後6時は30℃でした。発芽はしていませんが、発芽玄米としての機能性はできていると思います(ギャバ化)。
ここで水を交換しました。水の温度は41℃にしました。
午後6時は30℃でした 午後6時に水を交換しました。41℃

朝6時です。発芽作業終了です。発芽作業開始から24時間、水交換から12時間が経ちました。水温は30℃でした。
発芽作業完了30℃

発芽作業完了した姫ごのみです。わずかに芽が膨れています。
発芽作業完了

発芽作業する前の姫ごのみ150gでしたが、発芽作業完了後は200gでした。50gの水を吸水しました。
発芽完了のお米は200g

これより発芽玄米100%の炊飯です

上記の出来上がった発芽玄米を白飯用の電気炊飯器で発芽玄米ご飯にします。水を300ml入れました(元のお米1合180mlの1.7倍です)
姫ごのみの白飯炊飯はお米1合(180ml)ならお水も1合(180ml)ですが、発芽玄米炊飯では発芽作業で吸水した50g(ml)と炊飯のときに入れた300mlの350mlです。白飯炊飯の約2培の水を使うことになりますね。
電気炊飯器で発芽玄米ご飯にします
(この電気炊飯器は普段は使っていないです。お米5合の発芽玄米炊飯のときはもっと大きいガス釜を使っています。)

炊飯が完了しました。
炊飯完了 炊飯完了

姫ごのみの発芽玄米100%のご飯です。柔らかくて甘みがある美味しい発芽玄米ご飯です。
姫ごのみの発芽玄米100%のご飯


発芽玄米を作るそのほかの保温容器

魔法瓶(ポット)で発芽玄米を作る

少量のお米を発芽玄米にするなら魔法瓶(ポット)もいいですね。0.6リットルの小さいポットです。

ミルキークイーン玄米1合(150g)
ミルキークイーン玄米150g

ポットにミルキークイーン玄米1合と37℃の水0.6リットル
ミルキークイーン玄米1合と37℃の水0.6リットル

栓をするとき密閉する直前で止めること。密閉するとお米の呼吸によってポット内の圧力が上がります。
600mlのポット ポット

12時間後の水温は29℃でした。
ポット12時間後29℃

発砲スチロール箱を使って発芽玄米を作る

ミルキークイーン玄米5合(750g)
ミルキークイーン玄米750g

ミルキークイーン玄米5合(750g=900ml)と水を入れます。
水は多いほど良いので、41℃の水を4.5リットルこの容器に入れました。
ミルキークイーン玄米750g水41℃

容器をスチロール箱に入れます。
容器をスチロール箱に

12時間後に水温が下がり過ぎるときはスチロール箱に50〜60℃のお湯を入れたペットボトルを入れます。
お湯を入れたペットボトル

スチロール箱のふたをして保温します。
スチロール箱にふたをします

真空保温調理器、ポット(魔法瓶)、スチロール箱を紹介しましたが、保温性があるものなら何でも良いです。

12時間の発芽作業で水交換なしの簡単発芽玄米づくり

実際に発芽が確認できるのを目指す場合は発芽作業を24時間おこないますが、実際に発芽しているのがわからなくとも良いということでしたら、半分の12時間の発芽作業後に炊飯しても差し支えないです。
12時間の発芽作業でも発芽玄米としての機能性(ギャバ)はできています。


「自然乾燥が理想?」のお問い合せ・・・そなことはありません。

webで「自然乾燥 発芽玄米」のキーワードで検索してみました。驚きました。
「自然乾燥の玄米は発芽するが、加熱乾燥の玄米は死んでいて発芽しない」という間違った情報がありました。何も知らない人は信じてしまいますね。

灯油などの火力による加熱乾燥の籾でも玄米でも何ら問題なく発芽します。籾も玄米も生きています。

私は2009年まで採種栽培をおこなってきました。稲の種です。コンバインで刈り取った籾は乾燥機(加熱乾燥)で乾燥します。種籾検査は発芽試験もあります。ちなみに最後の採種栽培となった2009年の発芽試験は100%発芽でした(発芽率)。
農家が稲を栽培するために購入する種籾は加熱乾燥のものです。発芽試験で90%以上のものです。「加熱乾燥の玄米は死んでいて発芽しない」はとんでもないデタラメです。農家の人なら誰でも当たり前に知っていることです。

発芽玄米作りでうまく発芽しなかったときの原因考察で乾燥方法(自然乾燥か加熱乾燥か)を考える必要はありません。自然乾燥であっても加熱乾燥であっても発芽率のことは気にしなくていいです。それよりも発芽させる方法に問題があると思ってください。


私が使用している乾燥機は遠赤外線乾燥機です

遠赤外線乾燥機は灯油使用の火力による加熱乾燥機です。
上記で書きました種籾の乾燥(発芽率100%)も遠赤外線乾燥機でおこないました。
遠赤外線乾燥機の熱風温度は低くいのですが乾燥時間は短いです。
ミルキークイーンも群馬糯5号も死んでなんてーいません、ちゃんと発芽します。

遠赤外線乾燥機は米粒の内部から熱くするためお米が死んでしまう。だから発芽しない。」という情報があるようですがそんなことはありません。
遠赤外線でない火力加熱乾燥機も遠赤外線乾燥機も度を超えた高温熱風乾燥をおこなうならお米が死んでしまうこともあるでしょう。しかし、そんな使い方をする農家はいないと思います。

姉妹情報(正しい情報)

コクゾウムシなどお米に虫が発生する原因は無農薬米や低農薬米だからではありません。お米の乾燥不足も原因の一つに上げられます。農薬のページで書いています。

発芽玄米生活をバックアップ〜無農薬栽培の発芽玄米餅

発芽玄米餅は発芽玄米生活をバックアップします。発芽玄米ご飯を炊く時間がないときなどに便利です。

・・・無農薬栽培の発芽玄米餅の産直



あぜみちホームへ


Copyright(C)Yasuo Tamura All Rights Reserved.