ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ

姫ごのみのご注文

〜このページは年間予約されていないお客様の注文フォームです〜

年間予約のお客様は「いつものご注文」で

姫ごのみの一般販売はお休みします(2017/2/5)

年間予約してくださったお客様のご利用状況によって姫ごのみの在庫に余裕ができましたらご注文受け付けを再開します。


♪美味しい姫ごのみをお届けできるように様々な取り組みをおこなっています。

農薬は使わないように努力していますがどうしても農薬散布が必要と判断したときは農薬を使用します。
【努力】を簡単ですが下記に書きました(詳しくは【栽培の概要】で)。

種籾の消毒は60℃のお湯でおこなっています

種籾の消毒に使われる農薬は殺菌剤と殺虫剤があります。最近は温湯消毒の機械ができましたので農薬を使わない温湯消毒も増えています。

【あぜみちは】
機械ができるずっと前から温湯消毒をおこなってきました。

温湯消毒温湯消毒

播種量は少なくて一般のおよそ1/5です(過密になりませんから病気にならないです)

【一般的には】
育苗箱1箱(60cm×30cm)に150g〜200gの種籾を播種します。過密で通気性、受光環境は悪いです。
10a(1反)で3〜4kgの種籾を使います。
10a(1反)で育苗箱を20枚使うのが標準です。
苗箱を多く使うほど1箱あたりの種籾は少なくなりますから良い環境になっていきます。反対に少なくするほど1箱に播種する種籾が多くなりますので過密な育苗環境になり通気性、受光環境が悪くなり、軟弱な生育で病気になりやすいです。

【あぜみちは】
1箱(60cm×30cm)に30〜40gの播種量です。一般のおよそ1/5です。通気性、受光環境は非常に良いです。
10a(1反)で1kg以下の種籾です。一般的な量の1/4〜1/3です。
10a(1反)で育苗箱を24枚使います。

2〜3粒播種

出芽は自然の天候任せです(殺菌剤は使わなくともカビ菌は発生しません)

【一般的には】
出芽作業は、播種した苗箱を積み重ねてビニールや断熱効果のある被覆剤で密閉して温度と湿度を保っておこなうことが多いです(出芽機など)。
または、
播種した苗箱を田んぼに並べて、保温・保湿できるシートでトンネル被覆またはベタ掛け被覆することも行われています。
これらは高温、高湿度、酸素不足の環境になります。菌が繁殖する環境と同じです。そのため殺菌剤が使われるわけです。

【あぜみちは】
播種した苗箱はすぐに田んぼに並べますが、被覆は通気性のある寒冷紗というネットです(私は自然出芽と名づけました)。
保温性も保湿性もありません。通気性抜群ですから酸素不足にもなりません。なので殺菌剤は使わなくとも菌は繁殖しませんし病気も出ません。
すべての苗箱は同じ環境(自然の環境)ですから出芽、生育は均一に揃います。

播種済みの苗箱をベッドに設置寒冷紗べた掛け
出芽前出芽
均一な出芽
均一な生育

田植えの植え付け密度は1坪36株と少ないです(疎植栽培)

1株本数や1坪(約畳2枚分)の植え付け株数が多いと稲が育ち茎数が増え、背丈が大きくなってくると葉が混み合い風通しが悪くなります(過密、繁茂)。日光も十分に当たらなくなります。そうすると稲の活力が落ち病気が発生しやすくなります。

【一般的には】
1株が2〜3本よりもはるかに多くて、1坪(約畳2枚分)に50〜60株前後の植え付けです。

【あぜみちは】
1株わずか2〜3本を1坪(約畳2枚分)に36株と少ない疎植栽培です(1穴が1株です)。
大きくなって茎数が増えても過密にならず受光は良好で風通しも良いです。

1穴が1株で2〜3本1坪36株の疎植受光良好

土づくりで健康に育ちます

【一般的には】
「土づくり」といってもコンバインで切ったワラをトラクタで耕運するくらいです。土づくりという考えはないと思われます。

【あぜみちは】
自家で得られる粗大有機質(ワラ、モミガラ、野菜栽培後の残渣や敷きワラ、緑肥など)を積極的に有効利用して土づくりを何年も続けています。
稲は丈夫に育ってくれます。丈夫に育ってくれれば病虫害に強くなれますので農薬を使わなくとも良くなります。
モミガラの高温発酵堆肥づくりの様子と堆肥散布

モミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくりモミガラ堆肥づくり
モミガラ堆肥散布モミガラ堆肥散布

肥料

【あぜみちは】
有機質肥料の発酵鶏糞や菜種油粕を使っています。
鶏糞散布菜種油粕散布

暗渠排水の設置

【あぜみちは】
田んぼのほとんどに土管による本暗渠を設置しています。
暗渠は水はけを劇的に良くします。田んぼの水は縦に動き根の伸長や活力を高めます。

暗渠の説明暗渠排水

【土づくりをおこなっていること】や【殺虫剤を使っていないこと】の成果や証と言えると思います。

田植え後にカブトエビがたくさん発生しますが、土づくりをしていないとたくさんのカブトエビは発生しないです。
殺虫剤を使っているとカブトエビは死んでしまいます。

カブトエビカブトエビカブトエビ

田植え後は菌やカブトエビなど生き物の活動で田んぼの水が濁っています。
田の水の濁り田の水の濁り田の水の濁り

土づくりをしないで、農薬や化学肥料に頼った米づくりではこのような田んぼにはなりません。

お米づくりを詳しく紹介しています

【栽培の概要】ミルキークイーンと姫ごのみの栽培を詳しく紹介

石抜き機と色彩選別機で石やモミや変色粒を抜いています。玄米で召し上がっていただける高品質玄米仕上げです
石抜き、色彩選別

マイナス域まで冷やせる冷蔵庫で保存していますので一年を通して美味しいです。
冷蔵庫-6℃

姫ごのみの品質管理(玄米と白米の写真)もご覧ください。


ミルキークイーンの産直「あぜみち」ホームへ


Copyright(c)Yasuo Tamura All Rights Reserved.